過払い金請求の制度とは

過払い金の請求は、消費者金融やカード会社から借りていた人が返済時に過剰に払いすぎていた利息分のお金を取り戻せる制度です。
以前までは、貸金業者が適用できる利息は、出資法と利息制限法の2つのルールがあり、両方のルールの内、貸金業者はより利益の得られる出資法のルールを自らの貸金業に適用していました。

しかし、裁判所の判断によって利息の適用は利息制限法の方が優先されるという判決を下した為、それまで高い金利で返済に苦しんでいた人達が不当な利息分を貸金業者から返還請求できるようになったのです。



過払い金の請求は個人でも行うことができますが、貸金業者は個人の請求に対してはごまかしたり、取引履歴の開示に応じなかったりと誠実な対応は望みにくいので、弁護士や司法書士の方に依頼するのが一般的です。

過払い金の知識が一目瞭然です。

また、弁護士に依頼するにしてもお金のトラブルに強い弁護士事務所を選択する必要があります。

過払い金の請求で心配なのが、ブラックリストへの記載や業者からの嫌がらせ、会社や家族に借金がばれるなどの事態が起こるのではないかという不安ですが、現実にはこのような事態は起こりません。かえって業者からの督促状がストップするなどのプラスの効果が期待できます。

47NEWS情報をお届けします。

ですが、この制度には取引終了から10年までという時効があるので、できるだけ早く行動に移す必要があります。


また、既に倒産した業者からは利息の返済は期待できないことも併せて認識しておく必要があります。