私の転職白書
2018年7月10日

病院事務の求人について

病院事務の求人について、病院事務の求人についても、とても多くの学生さんが希望をされるケースが、大変に多くあります。

特に、公務員系の病院事務の場合には、特に応募などが殺到することが多く、理由としては公務員としての身分などとなるため、福利厚生などがいいとされている理由からです。このような病院事務の求人については、とても倍率が高く、おおよそ3名ほどの募集に対して、100人以上が集まることも、大変によくあることとされています。

そのため、倍率は、およそ30倍ほどとも言われており、多くの採用者の方は、一流大学の私立大学出身者や、国立大学などのエリートの方たちが、募集をして合格する形になっています。試験内容としては、中学校や高校で習ってきた授業などの問題が出る他、一般的な教養として、四字熟語などの問題が出るなど、またはその他にも、数学の問題、そして作文の問題などがあります。

作文の問題については、いかに病院に対して、配慮などが出来るか、患者さんのことを思い、自分には何がお手伝いできるか?などがテーマとして出されるケースもあり、これらの筆記試験に合格できたわずかな人だけが、次の最終的な面接試験へと進むことができます。

上記のように、エリート大学出身者の方も、応募することがとても多い仕事となっているため、病院事務の求人については、募集や求人はあるものの、大変に倍率が高く、高卒で入ることは滅多に出来ないとも言われています。

DODAエージェントサービスについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です