過払いには請求期限があります

過払い金とは、以前の利息制限法を上回る金利で借り入れを行いそのまま長く支払いを続けていると本来支払う金額よりも多額の返済をしてしまっている人が貸金業者に払いすぎているお金のことをいいます。利息制限法で定められた上限金利よりも出資法で定められた上限金利の方が高かったため、消費者金融やクレジット会社が出資法を基準にして個人に貸出を行ったために多重債務者が多数発生してしまいました。

最高裁判所の判決により利息制限法の上限金利を上回る分については、本人の申し立てにより借り入れ開始時に遡って計算し直し払いすぎているお金の返還請求が出来るようになりました。

東京新聞に関する詳細です。

最終の返済が終わってから10年経過すると、過払い金請求権が時効を迎えてしまうために取り戻せなくなるため、今盛んにテレビCMなどでも過払い金が無いかと啓蒙活動がされています。

金融会社に対しての請求には、法的な知識と交渉力がないと実際の返還はされないことがあります。

そこで、法律の専門家に依頼して交渉や訴訟を提起することで取り戻すことが出来ます。

アイフルの過払い金情報を集めたサイトです。

司法書士であれば140万円未満、弁護士は金額制限なく訴訟提起可能です。



このため、金額に応じて依頼する法律家が変わるわけですが、弁護士の場合には着手金と成功報酬が必要となるため一般的に費用が高めになります。

司法書士の場合には、着手金無しで成功報酬のみという事務所もあるため、過払い金の返還請求について交渉や訴訟提起する時にかかる費用を総合的に判断する必要があります。


請求期限が10年と短いために、早めに手続を行うことが望ましいです。